当サイトは移転しました。

1秒後に自動で新しいサイトを開き直します。

※自動でページが切り替わらない場合、こちらから新しいサイトを開きなおしてください。

自己処理脱毛とミュゼ脱毛との違い

脱毛なんかにお金も時間も掛けられない!


はっきり言って私も同感です。

電気シェーバーでささっと手軽にお手入れして、残りの細かい部分はカミソリとピンセットでちょいちょいっとやってしまえば、お金と時間をかけてわざわざ脱毛サロンになんか行かなくても良いと思います。

ただそれは、元々ムダ毛がそこまで気にならない、かわいいかわいい女の子に限った話なんですよね・・・(泣)

ムダ毛が濃かったりすると電気シェーバーではカバーしきれません、そうなるとカミソリもしくはピンセットがお手入れの主役になってきます。

カミソリなら手早くキレイにできますが、連日カミソリばかりを使っていると剃った後のヒリヒリ感がだんだん痛くなってきますよね。

それにやはり連日カミソリで剃っていると、2日目3日目と日を追うごとに黒いボツボツが目立ってきて気になってしまいます。

逆にピンセットで処理すると1〜2週間ぐらいは優越感に浸っていられますが、処理にかかる時間は電気シェーバーやカミソリに比べて10倍ぐらいかかります。

毎回これをやるぐらいならもういっその事、脱毛サロンにお世話になった方が早いんじゃないかと思うぐらい、ピンセットでのお手入れは時間がかかりますよね。

所詮脱毛、されど脱毛。

女の子としてこの先ずーっとお付き合いしなければいけないこの問題児をどうするべきか、冷静に分析してみたいと思います。



自己処理脱毛のメリットとデメリット


まずは自己処理の良いところと悪いところを分析しましょう。

自己処理脱毛のメリット@ タダでできる!


自分で処理することの利点は何よりもタダでできる点です。

もちろん電気シェーバーやカミソリ、ピンセットなどの道具は一通り揃えないといけないので、完全にお金が掛からない訳ではないのですが、それでも安くムダ毛が処理ができるというのは嬉しいものです。

自己処理脱毛のメリットA 手軽にできる!


自分で処理するので、他人に気を使うことなくいつでも手軽に行えるのが利点だと思います。

脱毛サロンなどにお世話になることを考えると、まず髪を整えて、化粧をして、ちょっとかわいい服とバッグを選んで、etc...と中々に手間がかかります。

たかが脱毛のためだけにそこまで手間と時間を掛けたくないというのも、1つの本音だと思います。

脱毛の機材ごとエステティシャンをデリバリーしてくれるなら、脱毛サロンでも良いんですけどね(笑)

自己処理脱毛のデメリット@ やり過ぎると痛い!


自己処理脱毛の欠点は、やり過ぎると肌を痛めてしまう点でしょう。

カミソリや電気シェーバーは、極端に言えば肌の表面ごとムダ毛を削り取っている訳ですので痛くなるのは当然です。

ピンセットを使ったとしても、一度に広い範囲のムダ毛を処理するとその一帯が赤く腫れたようになってしまうので、しばらく冷やす必要がありますよね。

自己処理脱毛のデメリットA 毛が埋もれる!


ピンセットでムダ毛処理をした場合ですが、時々生えてきた毛が肌の中に埋もれてしまうことがありませんか?

これって気が付いたら毛が肌に埋もれていて、中々素直に出てきてくれないんですよね。しかも赤く腫れて痛いですし。

どうしても出てきてくれない場合は仕方なく指でつまんでピンセットで無理矢理ほじくり出すんですけど、これを続けているといつまで経っても埋もれ毛が治らないんです。

私の場合、たまにですが肌の中で埋もれ毛が笑えるぐらいの長さに成長している時もあるため、ピンセットをムダ毛処理の主役にするのはおすすめできません。

自己処理脱毛のデメリットB ずーっと続ける必要がある!


自己処理の最大の欠点、それはいつまで経ってもこれらの状況は改善しないということです。

自分でも処理できてるから別に良いやとは思えるんですけど、たまにやっぱり「女の子辞めたいなぁ・・・」なんて憂鬱な気分になっちゃいますよね(苦笑)


ミュゼ脱毛のメリットとデメリット


では、ミュゼのような脱毛サロンのお世話になるとどうなるのでしょうか。

ミュゼ脱毛のメリット@ ムダ毛が薄くなる!


自己処理とは違い特別な機材を使って化学的に脱毛を行いますので、ムダ毛が抜けるだけではなく、ムダ毛自体の性質が変わってきます。

下の図のように、回数を追うごとにだんだんとムダ毛が気にならなくなっていきます。

ミュゼ脱毛の回数
※なお、ムダ毛の量が少なくなるかどうかは個人差によるところが大きいため、明言は避けさせていただいてます。ごめんなさい!

ミュゼ脱毛のメリットA 自己処理が楽になる!


ムダ毛が薄くなれば当然、自己処理も楽チンになりますよね。

カミソリやピンセットを使わないと気になってどうしようも無かったところも、施術を重ねれば良い子の電気シェーバー1本でツルツルになるお肌になってくれます。

脱毛の効果については他記事の「ミュゼの脱毛効果と脱毛期間」でも説明していますので、興味のある方はそちらをご覧ください。

>> 「ミュゼの脱毛効果と脱毛期間」を読む

ミュゼ脱毛のメリットB キレイな素肌が持続する!


自己処理の最大の欠点であった「ずっと続ける必要がある」という点も、ミュゼで脱毛をすれば克服できます。

ムダ毛の性質自体を変えてしまうので、一度薄くなれば大抵の場合は何年経ってもそのままのレベルを維持できます。

これまで自己処理に時間をかけていたのが何だかバカらしく思えてくる程ですよ。

ミュゼ脱毛のデメリット@ お金がかかる!


専用の機材を使って専門のエステティシャンに施術を行ってもらうため、当然のことながらそこには金銭報酬が発生します。

ですので自分で働いてお金を稼いでいる方で、尚且つ生活に余裕がある方でないと、脱毛サロンの利用はできないかもしれません。

ただ最近は脱毛にかかる費用も大分安く抑えられている上、キャンペーン時にはワンコインで脱毛ができてしまう場合もありますので、脱毛する箇所によっては自分でお手入れするより安くできることもあります。

ミュゼ脱毛のデメリットA 時間と手間がかかる!


施術は2〜3ヶ月に1回ですが、脱毛完了までは少なく見積もっても1〜2年、長ければ3年以上はかかります。

やってみると分かるのですが、数ヶ月に1回の施術のためにスケジュールを調整したり、休みの日で他に用事も無いのに化粧をしたりするのが、思いの外面倒臭いのです。

ある意味、施術の予約の日には「女の子」という仕事をしなければならないというのが脱毛サロンを利用する欠点と言えます。


興味があるなら、まずは人気の脱毛し放題のコースを


このように自己処理で脱毛する場合とミュゼで脱毛する場合とで、それぞれにメリット・デメリットがあることを理解してもらえたと思います。

両方のメリットとデメリットを冷静に考えてみた上で、あなたが「今は必要ない」と感じているのならきっとそうなのだと思います。

でも「少し興味がある」とか「やってみたい気がする」と感じているなら、今が決め時でしょう。

まずは多くの女子に支持されている「両ワキ脱毛完了コース」を検討してみてはいかがですか?

人気のコースなので安心ですし、施術にかかる費用も他のコースに比べてグッと控えめになっていますよ。

1日でも早く勝負肌を手に入れるためにも、ここはひとつ「女の子」をがんばってみましょう!

>> 脱毛で後悔しないために

ミュゼ 詳細ページ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。