当サイトは移転しました。

1秒後に自動で新しいサイトを開き直します。

※自動でページが切り替わらない場合、こちらから新しいサイトを開きなおしてください。

ミュゼのハイジニーナ7コースとは

いわゆるデリケートゾーンの脱毛です


Vライン、Iライン、そしてOラインの脱毛を行えるのがこのハイジニーナ7コースというプランです。

他の脱毛サロンではVIO脱毛とも呼ばれていますね。

ミュゼ ハイジニーナ7コース

デリケートゾーンの脱毛は欧米などの外国人などの間では当たり前の習慣として行われていましたが、近年では日本においても夏の水着など素肌を晒す機会が多いシーズンに特に需要が高くなってきました。

ハイジニーナ7コースは両ワキ脱毛などの各脱毛完了コースとは違い回数制限のある脱毛コースですが、V・I・Oラインをまとめてお手入れできるのでデリケートゾーンのムダ毛がどうしても気になるのでしたらこちらのコースを選ぶと良いでしょう。

ちなみに、ハイジニーナの名前の由来は「hygine(ハイジーン)=衛生的」であり、脱毛をすることによりデリケートゾーンをより清潔に保つ効果もあります。

ムダ毛が多いとどうしても排泄物や生理の時の血などが付着して、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

雑菌の繁殖はかゆみや匂いの原因にもなりますから、今の時点でそういった悩みを持っているのであればハイジニーナ7コースを検討してみると良いかもしれません。

両ワキ+Vライン脱毛完了コースがおまけで付いてきます


さらにこのハイジニーナ7コースを4回以上で契約すると、ミュゼで1番人気の「両ワキ脱毛完了コース」に加えて「Vライン脱毛完了コース」が無料でプレゼントされます。

料金も4回(およそ1年間)で36,000円、つまり1ヶ月3,000円程度ですし、それでデリケートゾーンと両ワキのムダ毛のお手入れができるので、個人的には結構お得なコースだと思いますよ。

とはいえ、ハイジニーナ7コースはけして安いコースではありませんので、どちらかと言えばきちんと働いている社会人の女性向けのコースと言えますね。



ちょっと気になる、ハイジニーナの形はどうする?


さて、ちょっと話は変わって、ハイジニーナ脱毛をしようとした場合に決めなければいけないことが1つだけあります。

それはズバリ、あそこの毛の形ですよね。

残すべきか、それとも完全に脱毛してしまうべきか。

残すのであればどういう風に残すべきなのか、まじめに考えても中々判断がしづらいところですし、誰かに相談というのもしづらいところだと思います。

そこで一般的にはどういった形で残すものなのかを、図も加えて説明していきたいと思います。

ハイジニーナ脱毛の形 一覧表


名称イメージ説明人気度
逆三角形ハイジニーナ 逆三角形元々生えている範囲から少し小さめに整えていく方法です。

もっとも自然な形なため違和感が無く、そのため多くの人がこの形を選びます。
★★★
長方形ハイジニーナ 長方形縦長の長方形に残す形です。

毛量の多い人はとりあえずこの形にしたがるようですが、くっきりと長方形にしてしまうと海苔のように見えてしまうため、逆三角形や卵型に比べると少し違和感があります。
★★
丸型
(楕円形)
ハイジニーナ 丸型(楕円形)違和感が無く、そして何より女性らしいという理由で逆三角形と同じぐらい選ばれるのがこの丸型です。

そもそも脱毛前の形って逆三角系かそれか丸型(楕円型)ですから、違和感が無いのも当然ですね。
★★★
極細型ハイジニーナ 極細型日本ではあまり馴染みがありませんが、外国のヌードモデルやセクシーモデルはこの形に脱毛している人が多いです。

他の形に比べると確かにこの方が色っぽく感じるというか、身体の線が際立って見える気がしますね。
完全無毛ハイジニーナ 完全無毛実はハイジニーナとは、この完全に無毛な状態の女性のことを指している言葉なのです。

元々は外国のセレブの間から流行りだしたというのもあり、セレブに憧れる外国の人の間での人気が高い反面、日本ではやはり抵抗があるのかあまり選ばれはしないようです。
★★

私的な話なのですが、森三中の大島さんが以前「スポーツ新聞のヌード欄に載せたい」といった内容のテレビの企画でスポーツ新聞の編集者のところへ行ったところ、「長方形に処理してるから、素人っぽさが無くてダメだ」と言われて断られていたのにショックを受けて思わず吹き出してしまいました(笑)

ああ、男性の方から見て長方形は人気無いのかぁ・・・とか思った記憶があります。

ですので現在パートナーがいらっしゃる方で、もし恥ずかしくないのであれば、ハイジニーナ7コースの施術を決める前にはきちんとパートナーの方と相談しておいた方が良いかもしれませんね。

たまにですが逆の意味で潔癖症な殿方もいらっしゃるようですので、念の為ですが注意しておきましょう。


ハイジニーナ脱毛にはデメリットもあります


実は、ハイジニーナ脱毛は脇脱毛などと違ってデメリットがいくつか存在します。

例えば、これは多くの人が経験するようなのですが、IラインやOラインの脱毛をした場合は脱毛前と脱毛後では明らかにトイレの時に違和感があります。

具体的に言ってしまうと、おしっこが下に落ちずにおしりや太ももの方に伝っていくことがあります。

またフランスのある皮膚科医の研究によると、デリケートゾーンの剃毛や脱毛が原因で性感染症のリスクが高まるといった話もあります。

これは剃毛や脱毛によって肌の表面が傷つき、その傷からウイルスが侵入して感染するといったもののようです。

ですので、ハイジニーナ7コースの施術を行ったら少なくとも1週間ぐらいは清潔さを保つように心掛ける必要がありそうです。

このようにムダ毛が無くなることで見た目は清潔に映るハイジニーナ脱毛ですが、意外なところでの苦労が増えてしまう可能性が少しだけありますね。

このあたりは、詳しくはミュゼのカウンセラーやエステティシャンの方に相談してみると良いでしょう。

女の子にとっては、いつか子供を授かる事になる本当に大事なところのお手入れですから、不安を残したままで施術を決めないようにしてくださいね。

>> 脱毛で後悔しないために

ミュゼ 詳細ページ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。