当サイトは移転しました。

1秒後に自動で新しいサイトを開き直します。

※自動でページが切り替わらない場合、こちらから新しいサイトを開きなおしてください。

小学生や中学生の脱毛は、ハッキリ言っておすすめしません!

小学生や中学生は脱毛をするべきではありません


もうタイトルの通りなのですが、私は小学生や中学生の女の子が脱毛をするというのは反対です。

というのも、体の毛が生えそろうのって体の成長がある程度落ち着いてからなんですよね。

個人差はもちろんありますが、私の場合は大体大学を卒業するあたりでムダ毛の成長が止まったかな?という感覚があります。

このように人の体って意外と、大人になるまでじわじわと成長を続けるものなのです。

ましてや、小学生や中学生の頃なんてのはまだまだ成長の途中ですから、そんな時期に脱毛などを行っても次から次へとムダ毛が生えてきて、いつまで経っても脱毛が完了しません。

小学生や中学生のうちに脱毛サロンに通い始めたとしても目に見えた効果は見られず、はっきり言って時間とお金がムダになってしまうでしょう。



また、子供の心の発育にもあまり良くないと思います


最近では小学生や中学生の頃から、子供を美容室に行かせてカットや茶髪に染めさせたり、高校生や大学生のギャルが着ているような何だか色気のある洋服を着させている親御さんが増えているようです。

私が今の時代に沿わない偏った見方をしているのかもしれませんが、子供は子供らしくいてくれるのが一番だと私は思うのです。

特に、小学生や中学生のうちに大人の世界に触れるということは、一人の人間としての自我が確立する前に大人のある意味歪んだ価値観に触れてしまうということです。

ちょっと話は違うかもしれませんが、映画ハリー・ポッターの主役として一躍有名となった俳優ダニエル・ラドクリフ君、名前だけならもちろんご存知ですよね?

彼は子供の頃からそういった大人の華やかな世界に触れすぎたせいで、「自分もそういった華やかな生活を送らなければならない」というある種の強迫観念を持つようになり、18歳の時にアルコール依存症になってしまったのだそうです。

その後、彼は「自分は自分らしく、自分が望む生活を送れば良かったんだ」ということに気付き、アルコール依存症を克服できたのだそうですが、やはり一度道を外れてしまった代償は少なからず彼の周りにあったようです。

このように、小学生や中学生といった子供のうちから大人の世界に混ぜ込んで、大人の真似事をさせるべきではないのだと、私は強く思います。


どうせいつか子供は大人になります


小学生や中学生のような子供が大人の真似事をしなくとも、嫌でもいつかは必ず大人になるものです。

私たちのような大人の悩みは、大人になってから悩めば良いのです。

それまでは、小学生なら小学生らしい悩みを、中学生なら中学生らしい悩みを一生懸命に抱えて頑張れば良いと思いますよ。

小学生、中学生の皆さん、脱毛は大人になってから始めましょうね♪

>> 安心して脱毛サロンを利用するために

ミュゼ 詳細ページ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。