当サイトは移転しました。

1秒後に自動で新しいサイトを開き直します。

※自動でページが切り替わらない場合、こちらから新しいサイトを開きなおしてください。

豆乳ローションを顔に塗る時に気をつけたい3つのポイント

豆乳ローションは顔に塗っても大丈夫です


抑毛効果があると言われる豆乳ローションですが、これはムダ毛の気になる箇所でしたらどこでも全身に使うことができます。

しかも大豆イソフラボンのパワーで美白効果も期待できるので、まさに万能コスメと言えるかもしれません。



豆乳ローションを顔に塗る時に気をつけたい3つのポイント


そんな万能コスメとも言える豆乳ローションですが、顔に塗る時はいくつか注意したい点があります。


ポイント@ 事前に必ずパッチテスト


まず、豆乳ローションを使ったことがない人は、事前に必ずパッチテストをしてください。

というのも、豆乳ローションの原材料にはエタノール(アルコール成分)が含まれているため、アルコールに弱い方や、敏感肌または乾燥肌の方が使用すると、刺激が強すぎて肌が赤く腫れぼったくなってしまう場合があります。

パッチテストは簡単に行えますので、めんどくさがらずにちゃんとやるようにしてください。

>> 豆乳ローション パッチテストの方法


ポイントA 眉毛、まつげは避ける


眉毛やまつげなど、無くなっては困る毛もありますよね。

豆乳ローションにそこまで強力な成分は含まれていませんが、それでもダイレクトに塗ってしまうとしっかり効果が出てしまいます。

これは男性の方でしたが、使用開始直後は眉毛も含めた顔全体に塗っていたら、眉毛も薄くなってきて慌てて使用方法を変えたといったレビューも上がっていました。

ですので、手の平でべったりと塗るのではなく、指先で丁寧に必要な部分にだけ塗るようにしましょう。


ポイントB うなじの方までしっかりと


また、顔のムダ毛はしっかり処理しているのに、うなじの産毛が放置しっぱなしという方はよくいらっしゃいます。

鏡の正面からは見えないところなので仕方ないとも思いますが、うなじって意外と男性が気にしている箇所だったりもするようなのです。

中々手間もかかりますので無理にする必要はありませんが、もし三面鏡などをお持ちならうなじの方まで気にかけてみてください。

>> 豆乳ローションよりも確実に成果を出したい人におすすめ

ミュゼ 詳細ページ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。