当サイトは移転しました。

1秒後に自動で新しいサイトを開き直します。

※自動でページが切り替わらない場合、こちらから新しいサイトを開きなおしてください。

妊娠中はダメ?医療レーザー脱毛を受ける時の注意点

妊娠中は脱毛できません


基本的に、ほとんどのクリニックが妊娠中の方への脱毛の施術は行っていません。

これには2つ理由があります。

1つは、妊娠中の体というのはホルモンバランスが普段の状態ではありません。

例えば、妊娠してから食の好みが変わったり、今までは平気だったものにアレルギー反応を起こしたりなどは、ホルモンバランスが変化した影響とも言えるでしょう。

そして体毛の発育にもホルモンバランスは関わってきて、妊娠中に脱毛をしたとしても、出産を終えてホルモンバランスが普段の状態に戻った時にまたムダ毛が生えてきてしまう可能性があるのですね。

つまり、妊娠中に脱毛をしても意味がない可能性があるため、クリニックでは妊娠中に脱毛を行わないのです。

またもう1つの理由は、脱毛に使用するレーザー機器がお腹の中にいる赤ちゃんに本当に害がないのか実証できていないのです。

科学的には恐らく何も影響がないとされていますが、それを実際に実験して試した訳ではないのでクリニック側も不用意に施術できないのですね。

赤ちゃんに影響がないと言い切れない以上、危ないことはできないというのがクリニック側の姿勢なのです。



脱毛の施術を断られるケース


妊娠以外にも施術を断られるケースがあります。

例えば、以下の条件に当てはまる場合、施術を断られる可能性がありますので注意しましょう。

  • 体調を崩している
  • 怪我をしている(昔の傷跡も程度によってNG)
  • 日焼けをしている
  • 肌が極端に乾燥している
  • アトピー性皮膚炎が悪化している
  • 刺青、タトゥーがある
  • 生理中のデリケートゾーン(VIOライン)
  • 1ヶ月以内に挙式を控えている
  • 施術前後12時間以内に飲酒した or する予定がある
  • 施術前後10日以内に予防接種を受けた or 受ける予定がある
  • 施術当日に薬を服用している
  • 施術当日に脱毛する箇所に制汗剤、保湿剤、日焼け止めなどを使用した
  • 施術当日に激しい運動をした

細かい点はクリニックによって違いがあるかもしれません。

ですので、脱毛を始める前に一度電話やメールなどで確認を取っておくと良いでしょう。


もし施術を受けた後に妊娠が発覚したら?


ただ、妊娠初期などの妊娠の自覚がない時に、脱毛の施術を受けてしまったということはあると思います。

この場合も、上に書いてある通り科学的には何も影響がないので、そこまで心配する必要はありません。

脱毛が原因で流産になってしまったり、障害を持って生まれてきたりという症例は報告されていないので、この点は安心して大丈夫です。

妊娠が判明した段階でクリニックに通うのを中断すれば、それで大丈夫ですよ。

>> 専門サロンの脱毛効果

ミュゼ 詳細ページ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。