当サイトは移転しました。

1秒後に自動で新しいサイトを開き直します。

※自動でページが切り替わらない場合、こちらから新しいサイトを開きなおしてください。

豆乳ローションは顔に塗っても大丈夫です


抑毛効果があると言われる豆乳ローションですが、これはムダ毛の気になる箇所でしたらどこでも全身に使うことができます。

しかも大豆イソフラボンのパワーで美白効果も期待できるので、まさに万能コスメと言えるかもしれません。

>> 「豆乳ローションを顔に塗る時に気をつけたい3つのポイント」を読む

豆乳ローションには美肌作用と抑毛作用があると言われていますが・・・


巷で何かと話題に上がる豆乳ローション、皆さんご存知ですか?

この豆乳ローションは豆乳に含まれる大豆イソフラボンの作用によって、脇などにできやすい肌の黒ずみを解消してくれたり、肌がすべすべになったり、またムダ毛の発毛を抑えてくれたりするのだそうです。

ただ、そうは言っても、なんで豆乳でそんなことができるのか不思議ですよね。

そこで、豆乳ローションがなぜ黒ずみを解消して美肌や抑毛に効果があるのか、簡単にですがご説明していきたいと思います。

>> 「脇の黒ずみは豆乳ローションで解消できる!?」を読む

使用開始後、3ヶ月以内に約8割以上の人が効き目を実感


こちらの記事によれば、豆乳ローションがムダ毛に効くと感じた人は全体の約8割以上に登るそうです。

>> 手作り豆乳ローションがムダ毛に効く人の割合

まぁそもそも、この記事を書いている方が豆乳ローションの提唱者である埼玉医科大学名誉教授の高濱素秀氏ですので、このアンケート結果が正確なものであるか、ちょっと疑わしい気もしますが・・・。

ただ、とにかく豆乳ローションは、テレビや雑誌などでも大きく取り上げられる程、注目度の高いコスメであったことは事実です。

>> 「豆乳ローションは本当に効き目があるの?利用者の口コミ」を読む

正しく使えば効果もアップ!?


豆乳ローションに限った話ではありませんが、こういったコスメやサプリメントって意外と正しい使い方ができていないものです。

もちろんそれで効果がゼロになってしまう訳ではないのですが、やはり正しい使い方ができている時に比べればどうしても効き目が弱くなってしまいます。

せっかく毎日がんばってスキンケアしているのに、使い方が間違っているせいで効果が得られないなんて、ちょっと残念ですよね?

そこで、抑毛や美白に効果があるとされる豆乳ローション、その効果を100%引き出すための正しい使い方について勉強していきたいと思います。

>> 「豆乳ローションの効果を最大限に引き出す7つの使い方」を読む

豆乳ローションの使用を開始する前に


豆乳ローションはアレルギー物質である大豆や、肌に刺激の強いアルコール成分などが含まれています。

ですので、本格的に使用を開始するまえにパッチテストを行うようにしてください。

>> 「豆乳ローション 使用開始前のパッチテストの方法」を読む

それは豆乳に含まれる大豆イソフラボンのパワーです


まず、ムダ毛が生える理由、そしてその毛が濃くなる理由は体内で分泌される男性ホルモンの働きのせいです。

人間の体は男性ホルモンと女性ホルモンの両方が分泌されるようにできていて、男性ホルモンが多いと男性らしい毛深くて筋肉質な体つきに、女性ホルモンが多いと女性らしいツルツルの柔らかい体つきになるのです。

で、なんで豆乳ローションがムダ毛の抑毛に効果があるのかと言いますと、実は豆乳に含まれる大豆イソフラボンが女性ホルモンと同じような働きをしてくれるのです。

つまり体内中のホルモンの割合を、女性ホルモンと女性ホルモンに似たような大豆イソフラボンで占めることによって、男性ホルモンの働きを抑制して、その結果ムダ毛が薄くなるという理屈ですね。

>> 「豆乳ローションの効果、なぜムダ毛が薄くなるの?」を読む

自宅で簡単手作り、効果の高い豆乳ローションの作り方


巷で何かと噂になっている豆乳ローションですが、実はこのローションは自宅でも簡単に手作りすることができるのです。

ただ、もちろんのことですが、いい加減に作ってしまうとコスメとしての効果も十分に得られないのはお分かりですよね。

特に豆乳は生ものですから、保存の点から見てもしっかりとした作り方で作らないと、途中で腐って使い物にならなくなってしまうことも考えられます。

そこで、今回は豆乳ローションの提唱者である埼玉医科大学名誉教授の高濱素秀氏による、元祖豆乳ローションの作り方をお教えします。

作り方もとっても簡単で、慣れている方であれば10分ちょっとで作れてしまうので、ぜひ覚えてみてくださいね☆

>> 「コスメを自作しよう!効果の高い豆乳ローションの作り方」を読む

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。