当サイトは移転しました。

1秒後に自動で新しいサイトを開き直します。

※自動でページが切り替わらない場合、こちらから新しいサイトを開きなおしてください。

家庭用脱毛器には疑心暗鬼な私


自宅でも使える家庭用脱毛器って巷にはいくつもありますが、正直私は価格の面でも効果の面でも、可能ならば脱毛サロンに通った方が良いと思っていました。

最近になって効果が上がってきているとはいえ、逆に言えば一昔前まではインチキ商品の代名詞的存在だった「家庭用脱毛器」、そう簡単に信じることは疑い深い私にはとてもじゃないけどできません。

ですが今回、A8.netさんから「トリア」という家庭用脱毛器の販促セミナーのお誘いがあったため、自分の持っている偏見が正しいものなのか、それとも間違っていたものなのかをハッキリさせるためにも、そのセミナーに参加してきました!

>> 「家庭用レーザー脱毛器トリアの販促セミナーに行ってきました!」を読む

大手脱毛サロンのサービスを比較してみましたが・・・


さて、このカテゴリーではミュゼとその他大手サロンのサービスを色々と比較してきました。

※見ていない方は、こちらの記事を参照してくださいね☆


改めて調べてみて感じたのが、最近は一昔前とは違って、どこのサロンも激安なプランを打ち出してきているんだなぁ・・・というものでした。

私もこの記事を書いている時点ですでにアラサーを突破しているので、やっぱり脱毛っていうと何だか高級品というか、贅沢品ってイメージが強かったんですよね。

それが今では、スーパーやデパートのバーゲンセールみたいな激安価格でサービスが受けられるというのですから、驚きです(笑)

>> 「私が激安だと感じたおすすめの脱毛サロンはこれ!」を読む

憧れの全身脱毛をしてみませんか?


もし、お金と時間に相当の余裕があったとしたら、あなたは全身脱毛を受けてみたいと思いませんか?

脱毛に興味がある、またはすでにどこかのサロンで脱毛している人であれば、殆どの人が「そりゃあ、お金も時間も余裕があったらやってみたい」と答えると思います。

ですが世の中というのは上手くできていて、若くて魅力的な時期にはお金と時間のどちらかが、または両方が絶対的に足りないものです。

仮に、やっとそれらに余裕ができる頃というのは、結婚記念日も軽く30回以上を数えて、我が子もすでに独り立ちして、自分は老後の生活のことを考えている・・・そんな時期ではないでしょうか?

きっとその頃には、脱毛にはあまり興味がなくなっていることでしょうね。

きれいな花がいつかは枯れ落ちてしまうように、私たち女の子のかわいさ、美しさというのも限りがあるものなのです。

女の子として生まれた以上は、その限りある魅力や価値が一番高い時期にこそさらに磨きをかけるべきだと私は思いますよ。

ですので、もしあなたが全身脱毛に少しでも興味があるのでしたら、お金や時間は何とかがんばるつもりでちょっと真面目に考えてみませんか?

>> 「ミュゼとその他サロンの全身脱毛コース料金比較」を読む

人前で肌を見せるのは誰でも恥ずかしいものですよね


「キレイになりたいけれど、剛毛で肌を見られるのが恥ずかしい。」

例えつるつるの肌であっても、見ず知らずの他人に脇の下などを見せるのはちょっと恥ずかしいと思います。

ましてやそれが毛むくじゃらの剛毛だったら・・・、誰にも見せられないという気持ち、分かる気がします。

そんな悩める乙女たちのために、ちょっと勇気が出るかもしれないお話をさせていただきます。

>> 「脱毛中に剛毛を見られるのが恥ずかしいと思ってしまう方へ」を読む

Category その他雑記

レーザー脱毛は光のエネルギーを利用するだけです


例えば、病院のレントゲンなどのように放射線を利用している機器の場合、続けてそれを行えば何らかの副作用が出るかもしれません。(と言っても、100回とか200回とかって単位ですけれど・・・。)

しかし脱毛に使用されるレーザー機器は、単純な光のエネルギーを利用して毛包という毛細胞にダメージを与える仕組みであるため、人間の体に副作用を起こすという危険性はありません。

さらに言ってしまえば、レーザーの光は皮膚の表面から3ミリから4ミリ程度の深さまでしか届かないよう調整されているため、血管や内蔵などに影響を与えることもないのです。

またこのレーザーはどちらかと言えば赤外線に近い性質であるため、レーザー脱毛のせいで皮膚がんになってしまうといったこともありません。

※皮膚がんの原因となるのは紫外線と言われています。

>> 「医療レーザー脱毛に副作用はありません」を読む

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。