当サイトは移転しました。

1秒後に自動で新しいサイトを開き直します。

※自動でページが切り替わらない場合、こちらから新しいサイトを開きなおしてください。

おすすめの脱毛方法はどれ?


「せっかくお金と時間をかけるなら確実に効果を出したい、それならレーザー脱毛が良いんだろうけどレーザーは費用が高い。」

「じゃあ費用が安いミュゼプラチナムみたいなサロンに行こうか、でもそれだと本当に効果があるのか疑問だし。」

脱毛したいと考えたことがある人なら、ほとんどの人がレーザーかサロンかで悩んだことがあるのではないでしょうか?

効果が立証されている医療レーザー脱毛のことを考えると、どうしてもサロンの脱毛効果に不安や疑う気持ちが出てきてしまいますよね。

では実際のところ、おすすめの脱毛方法ってどれなんでしょうね。

>> 「レーザー脱毛とサロン脱毛、おすすめなのはどっち?」を読む

厳密に言えば、永久脱毛とは呼べません


非常に高い脱毛効果を発揮する医療レーザー脱毛ですが、実は永久脱毛と呼ぶことはできないんです。

というのも、日本で医療レーザー脱毛が開始されたのが1997年のことで、この記事を書いている2014年時点ではまだ20年も経っていないのです。

始まってからまだ20年弱しか経っていないのに「永久」と呼ぶことはできませんよね。

せめて80年ぐらい経って、その80年間本当にムダ毛が生えてこなければ「永久」と呼んでも良いかもしれません。

つまりどういうことかといいますと、法律とか決まり事の世界では医療レーザー脱毛を永久脱毛と呼ぶことはまだできないけれど、実際はかなり高い効果が得られるし永久脱毛って呼んでも良いかもしれない、ってとこで今は止まっているんですね。

>> 「医療レーザー脱毛は永久脱毛ではない?」を読む

一番人気はやっぱり両ワキ!


医療レーザー脱毛に限った話ではありませんが、脇の脱毛はやはり日本では一番人気があるようです。

次に人気なのはひざ下などの脚、その次は腕や顔などだそうです。

以下の図は大手サロンのミュゼプラチナムが行ったアンケートの結果なのですが、やはり脇や脚、腕などはみんな気にしているようですね。

ムダ毛処理率アンケート結果

>> 「医療レーザー脱毛、人気の部位はどこ?」を読む

妊娠中は脱毛できません


基本的に、ほとんどのクリニックが妊娠中の方への脱毛の施術は行っていません。

これには2つ理由があります。

1つは、妊娠中の体というのはホルモンバランスが普段の状態ではありません。

例えば、妊娠してから食の好みが変わったり、今までは平気だったものにアレルギー反応を起こしたりなどは、ホルモンバランスが変化した影響とも言えるでしょう。

そして体毛の発育にもホルモンバランスは関わってきて、妊娠中に脱毛をしたとしても、出産を終えてホルモンバランスが普段の状態に戻った時にまたムダ毛が生えてきてしまう可能性があるのですね。

つまり、妊娠中に脱毛をしても意味がない可能性があるため、クリニックでは妊娠中に脱毛を行わないのです。

またもう1つの理由は、脱毛に使用するレーザー機器がお腹の中にいる赤ちゃんに本当に害がないのか実証できていないのです。

科学的には恐らく何も影響がないとされていますが、それを実際に実験して試した訳ではないのでクリニック側も不用意に施術できないのですね。

赤ちゃんに影響がないと言い切れない以上、危ないことはできないというのがクリニック側の姿勢なのです。

>> 「妊娠中はダメ?医療レーザー脱毛を受ける時の注意点」を読む

効果が高い医療レーザー脱毛、しかし・・・


一般的に医療レーザー脱毛は永久脱毛とほぼ変わらない効果が得られるとされています。

実際インターネット上の口コミや評判などを調べてみても、「私はレーザーで永久脱毛しました」という意見がよく見られるため、医療レーザー脱毛の効果に対する信頼度というのは高いのだと思います。

ですが、医療レーザー脱毛には効果が高いがゆえのデメリットもいくつか存在します。

>> 「医療レーザー脱毛の効果と脱毛完了までの回数」を読む

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。